夢の実現は何歳まで?

もしあなたの夢や希望が
幅の狭いものだったら、
それを実現するには
もう遅すぎるかもしれません。

60歳の女性が、
「子どもを産みたい」と願ったら。

45歳の人が、
「短距離選手として
オリンピックに出たい」と夢見たら。

実現はほぼ不可能です。



夢をあきらめる人はとても多い。

それは、
夢を狭い範囲に限っているから。




子どもが産めないなら、
子どもに愛情を注ぐ
別の活動を探せばいい。

子どもを産むのはすばらしいこと。
けれども
それしかないと決めてかかるなら、
たとえ産んだとしても
いろいろな場面で、
「子どもは◯◯でなくては」
という考えに、
自分と子どもを縛りつけるでしょう。



オリンピック出場も、
資質のある人が年齢的に間に合って、
それだけを目指したとして。

ケガなどで選手生命を断たれたら、
絶望の淵に立つことになるでしょう。




夢の実現には、
その夢に焦点を合わせることが大事だ
と、よくいわれます。

確かにそういう面はあります。

でもそのことと、
初めから夢を狭い範囲に限ることは
ちがうのです。



その夢の実現で何を得たいのか。

これが先にあるべきなのです。



子どもを産んだら、
子どもを育てることを通して
自分もともに成長したい。

オリンピック選手になったら、
途中で何があっても
成し遂げることのすばらしさを
人々に伝えたい。

そういう思いがあれば、
子どもを産めないならどうするか、
すでにオリンピック選手を目指せない
年齢であるならどうするか、
おのずと答えは出るはずです。



年齢だけでなく、
資質についても同じです。



年齢に逃げるな。

資質のなさに逃げるな。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

月別アーカイブ