ほしくてたまらないもの

子どもの頃、
おもちゃを買ってもらえなかったので、
デパートのおもちゃ売り場をまわっては、
ほしいものリストを作っていました。
5つぐらいあったと思うのですが、
悩みながらそれに順位をつけていました

小学校高学年の頃、
友だちが自分の部屋を持ち
(うちには子ども部屋がなかった。)、
そこに白い鏡台があるのを
うらやましく思っていました。

自分の部屋、すてきな鏡台。
ほしくてたまりませんでした。



結局、
リストに載せたおもちゃは
買ってもらえずに終わりました。
鏡台は場所を取るので、
大人になってからも買いませんでした。


ただ、
大人になってから、
物欲にまかせて
買いまくったものもあります。

物欲を満たせなかった経験と
満たした経験をしました。




物欲は所有欲のひとつですね。
「〇〇を所有したい」の〇〇に、
何が当てはまるでしょうか。

地位、権力。
あとは人間も。

「誰々を自分の恋人にしたい」
というのも所有欲のひとつです。

そういう所有欲は、
簡単には満たせません。
相手の意思があるから。

地位や権力への欲、
人間を自分のものにしたい欲。
これらは物欲と同じです。

ですから、
所有欲にまみれる前に
今までの経験を思い出してみてください。
物欲を満たしたときと
そのあとの気持ちです。

おそらく、
物欲が満たされたときの高揚感は、
時間が経つにつれ、

薄れていったはず。

ということは、
地位、権力、人間への所有欲も
同じ末路だということです。

応用すればいいのです。
自分の小さな経験を。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

月別アーカイブ