新年の決意は自分をほめるために

あと数日で新しい年。

お正月に、

「今年はこれこれをしよう」 と決意する方も多いと思います。



さてその決意ですが、

「今年こそ」 というものであるなら、

ちょっと考え直した方がいいかもしれません。






できなかったことをできるようにしようと決心する。

何度でも挑戦する。

それはすばらしいのですが、

できなかったとき、三日坊主になったとき、

自分を責めたり、

「やっぱりできなかった」 と思ったりしていませんか。



そうであれば、

せっかく決心したことが自己嫌悪につながってしまいます。

それでは意味がありません。





ここで私からのお勧めです。

できないことをできるようにするのではなく、

ほんのちょっと力を出すだけで伸びることをやる。

そういう決意をしてみてください。



10点のものを90点にしようではなく、

「50点を60点にしよう」 と。



そして、60点という及第点になったら、

「よくやった、自分!」

と、大いにほめてあげてください。



決意は、自分をほめるためにするもの。

そういうふうに意識を変えてみることをお勧めします。

その方がワクワクしますから。



新しい年、

ワクワク始めた方がいいに決まってますよね。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

陰陽と上下左右と善悪と

無の一点から

有が展開するとき、

陰陽に別れます。


すべてはそこから始まります。



そしてそれが三次元に現れるとき、

便宜上、

左右や上下が

「ある」 と感じられるようになります。



三次元の厚みのことですね。

人間が人生劇場を演じるための舞台。



前と後ろ、

過去と未来も、そう。





では、善と悪も同じように?



いいえ。



善と悪の場合はちがいます。

善は存在し、

悪は存在しません。



善が隠れているのが悪。

善に背を向けているときが悪。



だから、悪と見えてもいつでも善を現せるのです。



悪い人は、ずっと悪い人ではないのです。



「あの人はこういう人」

「私はこうだから変わらない」

と、人に悪いレッテルを貼るのはやめましょう。



その人に、自分に、

変わるチャンスをあげましょう。



善がまだ現れていなかっただけなのですから。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

天罰はない


以前にも書いたかもしれませんが、

お正月も近い今、

書いた方がよいと感じるので書きます。







「バチが当たる」 とよくいいますが、

神はバチを当てません。

じゃあ、何をしてもいいのかというとそんなことはなく、

道にはずれたことをすれば、

本人が、本人に、バチを当てます。

本人の潜在意識が、本人の体あるいは生活に、

バチを当てるのです。

自己処罰というものです。





また、

神はお供えをしたりすがったりする人に

お陰をやるのではありません。



道はすでに用意されているのであり、

それに沿って正しく努力し、歩めば、

自然としあわせな人生になるのです。





それだけのことです。





だから、

罰を与える神、

ご機嫌を取らないとスネる神がいると思って

恐れることはないのです。





そして、

誰も見ていないから

悪事を働いても逃げ得だと思っても、

実は自分自身が見ているので、

逃げ切れないと観念してください。





反対に、

誰も見ていないところで良いことをしたら、

それは陰徳ですから

必ず返ってきます。





悪人が得をし、

善人が損をする。

そんなことは決してないのです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

うらやましいといわないで


今、あなたが使っていることばが

あなたの未来を作ります。

ことばは 「未来の鋳型」 なのです。



たまには文句もいいたくなる。

けっこうです。

たまにはどうぞ。

でも、まるで口ぐせのように、

「つまんない。なんかいいことないかなあ。」

とか、

「一難去ってまた一難だ。」

などといっていると、

「つまんない」 未来、「難あり」 な未来がやってきます。

そう。今とちっとも変わらない未来。




同様に、

「うらましいです。」

と、言い続けていると、

人をうらやんだままの、

大して前進のない未来がやってきます。



「いえ、単なる社交辞令ですよ。」

とおっしゃいますか。



社交辞令だろうが何だろうが、

あなたの口から出たことばですから、

あなたの心のどこかにあったということ。



それが 「未来を作る 心の鋳型」 なのです。



心の鋳型にどんなことばを流し込みますか。

選ぶのは、あなた自身。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

月別アーカイブ