豊かさとは

お金を儲けることを悪だと思っている人は多い。

自分はお金に縁がない、と笑いながら言って、

ちょっと誇らしげな気持ちになってはいないか。

 

お金を得ることは、善でも悪でもない。

世間に対して善をおこない、その結果として得られるお金と、

盗んで得たお金が同じようでいて違うことは、

たいていの人に直感としてわかることだろう。

 

豊かさとは、川の流れのようなものである。

上流から下流に流れる川。

そのどこかの位置に自分はいて、

上流からの流れを豊かに受け取り、

下流へ向かって豊かに流すのである。

それが、自然で正しい豊かさのありようである。

 

もちろん、上流・下流とは、人間のレベルの差を言うのではない。

川が自然に流れるように、豊かさも自然に流れるべきであるという意味である。

 

受け取った水を自分のところで堰き止め、

流すもんかとがんばったらどうなるか。

水は濁る。

濁った水は豊かとは言い難い。

 

受け取るのはほんのちょっとでいい、と、

自分のところの川幅を狭めたらどうなるか。

まっすぐ流れてきていた水は、

だんだんと脇の岸壁を削って別の流れを作り、

自分のところをよけて蛇行した、新しい水流となっていく。

 

豊かになることに抵抗のある人は、

豊かになって、よいことにお金を使うことに思いが至らないのか。

利己的に使ってしまうと思っているのではないか。

 

誰かれなくお金をあげることはよいことではない。

けれども、

ある人が、自分の足で歩けるまでを助けるのはよいことだ。

 

それを見極めて。

川の流れを止めないで。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

日々の成長

自分自身の成長を感じられるということは、

とても幸せなことだと思います。

 

大人になっても、

当然、

人間は成長を続ける生き物です。

 

脳を含むカラダは、

ずっと右肩上がりの成長はしないため、

その衰えに愕然とすることもあるでしょう。

けれども、精神は、

いくらでも、

いくらでも、

いくらでも、

伸ばしていくことができるのです。

 

精神の成長・伸長というのは、

必ずしも、外から何かを付け加えることではないかもしれません。

知らず知らずのうちに取り込んでしまったよけいなものを

捨てることかもしれません。

とはいえ、取り込んでしまうのは

「知らず知らずのうちに」が多いので、

捨てるにも、何を捨てていいのやら、よくわからないでしょう。

 

もう手放してもよい信念、思い込み、

生きる原動力にしてしまっていたもの。

それらが何であるかを一緒に見つけ、

手放すお手伝いをするのが

私の仕事です。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

5分でトラウマが抜けた話

私、本業はカウンセラーですが、医者の仕事も多少しております。

企業健診での内科診察です。

 

先日、ある企業さんに行ったときのできごとです。

 

「採血できない男性がいらっしゃるので、お話を聞いていただけませんか」

と、看護師チーフの方が、せっせと診察している私を迎えにきました。

採血の部屋へ行きますと、

つい先ほどお会いした20代の男性が、ベッドに横になって泣いています。

看護師さんの説明では、

彼は子供の頃、釣り針で非常に痛い思いをしたことがあり、

医療用の針を刺されることに強い恐怖があるとのことです。

そのため、ベッドに寝てもらい、看護師ふたりがかりで、

彼ができるだけ恐怖を感じないで済むよう工夫しながら

採血を試みたものの、

ついに泣き出してしまったというのです。

 

ワクチン接種などは受けられるけれども、

腕の内側から採血をされることだけはどうしても無理だとか。

 

診察の順番を待つ方が10人近くいらっしゃいますから、

彼ひとりに長い時間を割くことはできません。

私は、看護師さんに、

「5分だけ時間をください」

と言って、部屋を出てもらいました。

そして、まず彼に、

「先ほど診察でお会いした原です」

と自己紹介をしたのち、こう言いました。

「きょうのところは、採血はやめておいたらいかがですか」

さらに、

「釣り針で大変な思いをなさったんですね。

そりゃあ、怖いですよね。

その恐怖をなくしたいと思いますか」

と聞きますと、涙を流しながら体を震わせている彼が、

「はい」

と小さな声でうなずきました。

「では、ゆったり呼吸していてくださいね」

と言い、軽く手を握り、トラウマの引き抜きを試みたのです。

数分それをしておりますと、

全く力のなかった彼の手に、力がはいってきました。

呼吸も落ち着いてきているのがわかります。

そこでさらに、

「これからは、採血が楽にできるようになりたいですか」

と尋ねました。

泣きやんだ彼の「はい」の答えを確認してから、

引き抜いたトラウマの代わりに、

今後彼が楽な気持ちで採血が受けられるというコマンドを入れました。

 

その間数分、私は目をつぶっていたのですが、

次に目を開けたとき、彼は笑顔になっていました。

 

本当です。

 

「少しは楽になりましたか。

そのうち、『採血してみようかな』という気になりますから、

そしたらまたいらしてください」

 

その企業さんはかなり大きな会社なので、

健診が数週間にわたって実施されています。

ですから、別の日にまた来てもらうことが可能でした。

 

看護師さんには、

「私、魔法かけておいたから大丈夫。

彼、笑顔ですよ」

と申しました。

看護師さんが驚いたことは言うまでもありません。

 

さて、後日談。

彼は、翌週の月曜日に、採血にいらしたとのことです。

そうです、週が明けてさっそく、です。

 

彼が私のサロンのクライアントさんならば、

感想文を書いてもらいたいところ。

 

以上、「掘り下げ技法」の一部を使うことで、

トラウマを解消できたお話でした。

 

ブラボー!

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

ヒプノセラピーのご感想いただきました

2003年の開業時から、ずっと行ってきたヒプノセラピー(催眠療法)。

4つのやり方があり、ご相談の上、どのやり方にするか決めています。

(初回は必ず幼児退行です。)

 

どなたかに、感想文をお願いしようと思いつつ、今回初めて。

複数回受けてくださっているKKさんに書いていただきました。

 

 

・ヒプノセラピーのご感想  KKさん(女性)

自分が何について悩んでいるのか、どうしたいのか、

自分でもわからず、もやもやしたまま伺うことも多いのですが、

先生と話し合いをすすめるなかで、それが何か、はっきりしてきます。

そして、いくつかある方法の中でどれがいいのか、自分で考えつつ、

先生に相談して決めています。

 

そのなかの一つは、どうしたらよいか、という答えが率直にくるものです。

その場ではどこか腑に落ちないこともありましたが、

その後、変化がありました。

過去の出来事を思い出し、その時の自分の本当の気持ちに気づき、

新たなとらえ方ができたのです。

前にすすめる感じがして、うれしくなったのを覚えています。

そして、日々の人間関係の中で、

すこしずつ新しい立ち振る舞いができるようになり、

自分の気持ち、考え方がおちついてきたところ、

あれ、これってあのときの答えだな、となりました。

 

他のいくつかの方法では、

自分の口から言葉がでてこなかったらどうしよう、

とすこし不安を感じたこともありましたが、

自然にぽろぽろと言葉がでてきて、

抱えていた問題が解消されていっています。

先生が、最善のことばを選んで、問いかけをしてくださるからだと思います。

 

いずれの方法でも、答えや解決の糸口が見つかるので、まずほっとします。

シャワーをあびた後のような、心地よい疲れと、

すっきりした、あたたかい感覚があります。

(本当にからだが温かく感じられるのです。)

はじめてのことを行う時、わたしの場合、とまどったりすることもあるのですが、

先生があらかじめ、こういう時はこうですよ、と教えてくださるので、

すんなりといずれの方法にも、乗る、というような感覚でリラックスしつつ、

集中できています。

 

セラピーの後で時間があれば、先生の体験など、お話を伺う機会もあります。

不思議なことに、今の自分に必要だったり、

考えさせられることがちょうどあったりして、

よい意味でドキッとすることもありました。

わたしにとって、自分のこころがゆれてしまっている時、

どっしりと、もどすことができる場所でもあります。

思い込みやつらさから解放され、

今は、徐々にこころとからだが軽くなってきていて、

自分自身にかえっていく、という感じがしています。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

こんなに長く書いてくださって、

KKさん、どうもありがとうございました。 

本来のご自分を取り戻すお手伝いができることは、

私の一番の喜びです。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

月別アーカイブ