誰をしあわせにしましたか

きょう一日、あなたは誰をしあわせにしましたか。


家族をしあわせにする。大切なことです。

毎日、同じ人たちをしあわせにする。すてきなことです。



それを、ちょっとだけ広げてみませんか。
自分がしあわせにできる人はもっといるんじゃないか。
そういう目で周りを見てみませんか。



人をしあわせにする前に、
ご自分をしあわせにしていますか。

人をしあわせにするためには、
自分が犠牲にならなければと思い込んでいませんか。



そうです。
しあわせの定義を知っていますか。

自分も他人もしあわせになる道があるということ、
それを選ぶのは簡単だということ、
わかってほしいと思います。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

美容と健康

「美容と健康のために」ということば、
いつ、誰が作ったのでしょうね。
いつ頃から広まったのでしょうね。

ゴロもあるのだろうけれども、
なぜ、健康の前に美容がくるのでしょうね。



健診の仕事をすることがあります。

「このままでは病気になりますよ」
というような脅しは好きではないので、
受診者の方が、
「もっと自分の体を大切にしよう」
と思えるような話し方を心がけています。

すると、長年高血圧を放置していたような方が、
「今週中に病院へ行きます」
と笑顔でおっしゃるのです。



先日のこと。
毎回血液検査で貧血を指摘され続けている女性に、
この状態のままでいるとどうなるかを説明しました。
こういうときは、ちょっと焦ってもらいます。

「心臓に負担がかかります」
「歯茎がやせてきて、歯がグラグラになってしまいます」

女性は、はい、と聞いています。

「ですから、絶対に病院へ行ってくださいね。
私の声が頭に残っているうちに」

女性、はい。

わかってもらえたかな。どうだろう。

受診票に記載をしながら、ついでに言いました。
「美容にもよくないですしね」

すると、女性は目を見開き、
「ええ! それは困ります!」
と言いました。

あら。

健康に影響があると丁寧に話したときはさして重大とは思わず、
美容に影響があるとひとこと言ったら、「まずい」と思うわけですね。

あの方がさっそく病院へ行ってくださればそれでいいのですが、
はてさて、美容第一、健康第二 ( いや、第五ぐらいか。)という姿勢、
どんなものでしょうねえ。





別の日。
目を充血させてやってきて、
「いつもなんです。化粧品が合わないみたいなんです。
この職場、ノーメークは許されないので」
とおっしゃった方。

ノーメークにしないまでも、
目の周りの濃い化粧をやめればいいのでは、と思い、
「マスカラだけでもしないようにしたらどうですか」
と提案したら、
「それはできません!」
と、キッパリ。

職場の理由ではなく、ご自分の美容上の理由なのでした。

目の健康よりも、美容。





カラーコンタクトで目に傷をつけたことが明らかな方。
出血しています。
この方に、
「すぐコンタクトをはずしてください」
と言ったら拒否されました。

はてさて。いやはや。




みなさん、あまりその意識はないのでしょうが、
健康を軽んじてますよね。

自分の体を、美容のために犠牲にしていますよね。




思うのです。
「若いうちが華」と思っていることが原因ではないかと。

若いうちにきれいでいることを至上とする。
そのために年齡を重ねてから体に悪い影響として出たとしても、
しかたないと思っているのでは?

どうせ、年取ったら、
若いときほどきれいではいられなくなるのだから、と。

30代40代で、「もう歳だから」と言う人が多いことからも、
若さを重視しているのがわかります。



それにしても、ですね。
健康美じゃないですよね、
そういう方が目指しているのは。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

私という大木

「出る杭は打たれる」といいます。

よくあることです。



「打たれる」ことが恐い人は、人の杭を「打つ」ことがあります。

いえ、逆かもしれません。
自分が「打つ」ので、
自分も「打たれる」かもしれないと思い、恐くなる。



何事も起きないのは、平穏無事でよいのですが、
はたして、何事も起きない人生などあるのでしょうか。

無難無難で生きようとすると、
ただ生きることになりはしないでしょうか。



今の自分より少し大きく、もう少し大きく。
そういう生き方をしていると、
気がつけば私という木の大木になっています。

打たれることを恐がっていたら、
大木になる可能性を自分で抑えこんでしまいます。



人生は、前進か後退かしかありません。
停滞はない。
あるように見えて、ない。
停滞は、知らず知らずのうちに後退すること。

引くか進むかしかないのであれば、
進む方を取ろうではありませんか。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

静かな樹 女性のためのセミナー茶会(第6回)のご案内

久しぶりですが、セミナー兼お茶会をいたします。

テーマ: ヒーリング分野におけるエネルギーの扱い方
と き:  6月22日 ( 日 ) 13:00~15:00
ところ: メンタルコンサルテーション静かな樹
参加費: 3,000円 ( 当日現金でお願いいたします。)

名称をセミナー茶会とし、参加費を抑えました。
おいしい焼き菓子と紅茶は、変わらず付きます。

#####  #####  #####  #####


ヒーリング分野における、としましたが、
ヒーリングということばが何を指すか、
曖昧ではあります。

日本語でいえば、癒しになるわけですが、
これでも曖昧です。

癒しというと、「心が癒やされる」という表現が
一番しっくりくる気がしますが。

私は、ヒーリングや癒しということばを
「その人のエネルギーが上がり、本来のその人の状態に戻る」
ことだと捉えております。

では、エネルギーとはなんぞやですが、
セミナー茶会では、そこから詳しくお話ししたいと思います。

学校で習った物理のエネルギーは、
私たち人間が関わっているエネルギーのうちのほんの一部です。

また、エネルギーが上がって本来のその人に戻るということも、
本来の自分を知らなければできません。

本来の自分を知る、
自分の中に眠る無尽蔵のエネルギーを知る。
ご参加の方々には、
そのきっかけを持って帰っていただきたいと思います。

参加ご希望の方は、

・お名前

・ご住所

・当日連絡可能な電話番号

・メールアドレス

をお書きになり、

contact@shizukanaki.com

宛てにメールをお願いいたします。
その際、こちらからの返信が届くよう設定をご確認ください。


お申し込みをお待ちしております。

桜の木

近所に、1本だけで立っている大きな桜の木があります。
今年も見事な花を見せてくれました。

その木の下をきのう通ったので、声をかけてみました。
「こんにちは。お花、きれいだったね。
今は葉っぱが青々して立派だね」

桜の木は、葉っぱをサワサワと揺らしました。
話しかけてくれてうれしい、と言っているようでした。

幹をなでてあげました。



桜は、一年のうちのほんの短い間だけ人々に愛でられます。
日本人がその時季を待っていてくれることは、
桜にとって喜びです。

けれども、それ以外のときも見てあげてほしいのです。
木陰を作り、ひんやりとした空気を送り、
木の葉の揺らぐ音を耳に届けてくれる桜の木を。



ある存在に対して、
自分が必要としているときだけ注目し、
それを過ぎると気に留めなくなる。

そういう姿勢は、
本当に感謝しているとはいえないと思うのです。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

月別アーカイブ