どこからが贅沢か

結論…基準はないですよね。



さらに結論…

物やお金に振り回されなければ、

いくら贅沢してもいい。

逆に、いくら質素でもいい。







昔、私が秘書をしていた社長。

彼は、

ホテルはオークラ、


飛行機はファーストクラスと決めていました。



食事するのも、

泳ぐのも、

散髪するのもオークラ。



奥さんと姪っ子との海外旅行。

ファーストクラス利用。



社長は、

一流のサービスを求めていたのです。

そのことを

贅沢だとは思っていませんでした。







昔の私の知り合い鍼灸師さん。

彼にとって外食の金額は、

300円が上限でした。

300円でラーメンにデザートがつく店

というのを見つけて、

うれしそうに話してくれました。



また、

勤務先で頼りにされ、

給料が上がったとき、

「そんなに払わせてしまっては申し訳ない」

といって、

そこを辞めてしまいました。



彼にとって、

その額は贅沢だったのです。





いくら払っても

贅沢だとは思わなかった、社長。

彼は以前、

ある大手企業の海外部門で

働いていました。

ライターに取材されて本になるほど、

市場開拓ぶりが猛烈でした。



鍼灸師さんは、辞めたあと、

新しいところに移りました。

ところが、

ほんの一年ほどで、

そこは閉鎖となりました。





贅沢の基準は、

自分を

どの程度の人間と思っているかを

あらわしているともいえるのです。




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。


野山を駆け、獲物を捕る時代は終わっています。

野山を駆け、獲物を捕る。

日々、食べるために。

ただそれだけで生きる時代は

終わりました。



とっくに。



それでも、

毎日食べるために働いている、

あるいは、

生活のためだからしかたない、

という人が本当に多い。




時代が進むことでもたらされるのは、

物質的にゆたかになること

だけなのでしょうか。





獲物を捕っていた時代より

はるかに物質的にゆたかな、今。

物質のためだけに生きる時代、

いつまでつづけるのでしょうか。

次の世代もそれでいいのでしょうか。



みんなが変えたら、

ではなく、

自分からする。

にしませんか。





本当にしたいことをするのです。









「本当にしたいこと」をするのは楽しい。



その、「楽しい」を、

堕落だと勘ちがいしていませんか。



「楽しい」は、

うわっつらの快楽ではありません。

魂の快楽です。

つまり、

あなたの本質が喜ぶことなのです。



今やっていることに対して、

〇〇だからしかたない、

という思いが1%でもあるなら、

あなたは本当にやりたいことをやっていません。



働いて → 食べる。

食べて → 生きる。


生きて → 何する?



本当にやりたいことをして → 生きる。

生きて → 生き切ったと満足する。





本当にやりたいことは

あなたの魂が知っています。

その声に対して、

心の耳をふさいでいるだけです。



本当にやりたいことをすれば、

それは自然と

多くの人のためになっていきます。

だから楽しいのです。





「今から、本当にやりたいことをする」

と、ご自分に宣言してください。

そして、小さなことからでいいので

取りかかってください。

魂に聞いて。




・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。


とことんとことん

今、あなたが関わっている

いくつかの事の中に、

本当はやりたくないもの、

あるでしょう。




それでもやりましょう。

とことんやりましょう。




すると、

卒業するときが来ます。

必ず。

いつになるかわからなくても。




それと、

思わぬ収穫を得ます。

取り組んでいたことの中に、

あなたにとって

意外な副産物を発見する。

これ、最後まで見えないかもしれない。




だから、

やりたくないし、

自分にとって得があるとは思えなくても、

とことん、とことん。


細部にまで心を配って。



「なんで私が

こんなことをしなくちゃいけないの?」

と思うかもしれないけれど、

「なんで」かは、

ずっとあとでわかります。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。

「なんとかなる」の意味2つ


人生、なんとかなります。




今、これを読んでいる方は、

これまでなんとかなってきたから

生きているのですよね。




「いやあ、たまたまうまくいっただけ」




そうでしょうか。



もし、

人生が偶然の連続でできているのなら、

あまりに運がよすぎます。



たとえば、

道を歩いていて

車がぶつかってくる偶然だって

数限りなくあったわけで。



人生は運だ。

そして自分は運がいい。

そう信じるなら、


そのまま生きていけばいい。





でも実は、

人生は運だと思っている人は、

悪運もあると思っているわけです。

ですから安心できません。




本当の「なんとかなる」は、

この世に自分が生まれ出てきたのには

必ず意味があって、

必ず使命があって、

それを形にするために努力していれば

絶対なんとかなる、

ということです。







もうひとつの

「なんとかなる」の意味とは?



「誰かがなんとかしてくれる」です。




そうやって人に頼って生きている人は

たくさんいますが、

最期までそれでなんとかなる人は

そうそういません。



末路が知れています。







真の安心の境地で、

「絶対なんとかなる」と


自分が決めた道を進む。



そういう人こそが

自分の人生を

生き切るのです。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。

笑わないのはもったいない

アッハッハーと

笑って笑って笑って笑って、

近所の人たちが、

「あの人、おかしくなったんじゃないか」

といったぐらい笑って、

肺結核を治してしまった人がいます。



信じますか。



私は信じます。






声を出して笑うことができるのは

人間だけです。

その、人間に与えられた特権を

生かしていない人が大勢います。





一日に一度でも、

アッハッハーと

腹の底から笑っていますか。



アッハッハーです。

腹の底から、ですよ。






さほど笑うこともない人は、

能面のような顔になるか、

眉間にしわを寄せてしまう人。



眉間にしわを寄せる。

これ、笑うの正反対ですから

ご注意を。





ひとりでいると、笑えない?

あなたという大切な存在に対して

笑いかけないのですか。

鏡を見て、

自分に笑顔を向けてあげましょう。

そして、アッハッハーしましょう。



いろんな健康法を

眉間にしわ寄せて実践している人よりも、

アッハッハーな人の方が

健康であるに決まっています。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。


月別アーカイブ