努力を楽しむ

努力する。
がんばる。
無理をする。

この3つを区別できますか。

頭ではできても、
実際の行動でごっちゃにしている人、
いますよね。



努力は楽しむべきもの。
このことだけは
覚えておいてほしいと思います。

そうすれば、
がんばる・無理するとの区別が
わかってくるでしょう。

あとは、
この3つを区別して生きてよいと
自分自身に許可しているかどうか。

許可していないと、
無理をします。

無理することで、一時的には
自分やまわりに
よい結果をもたらすでしょう。
しかし、長くはつづきません。
結局自分が壊れるから。
そうなれば、
自分はもとより
まわりの人もしあわせではないはずです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

年齢は符号にすぎない

初対面の人が
自分より年上かどうか。

たいていの日本人にとっては
気になる点です。
敬語を使うかどうかの
判断基準になるからです。


年長を敬うのは
すばらしいことです。
(アメリカ人にほめられたことがあります。
私が自然に取った、年長を敬う行為で。)

ただ、
だからといって一律に
年下を見下すような態度は
いかがなものでしょうか。



人の魂の年齢は、
人生を生きている
肉体の年齢とは無関係です。

その証拠に、
まだ小さな子どもが、
「どこで学んだのだろう」と驚くほど
立派なおこないをすることがあります。

そういう子は、
魂の年齢が高いのです。



肉体年齢だけで
(つまり外見で)判断して、
お菓子を買いに来た子に、
「はい、120円ね。」
で終わらせ、
「ありがとうございました。」
もいわないような態度は
まちがっています。



そもそも、
外見で判断する人は、
自分も外見で判断されます。
年齢だけでなく、

服装とか社会的地位とか。



相手への敬意は、
年齢や所有物に対して
ではないはずです。

その人の魂に対してであるべきです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

悟るとはどういうことか

「悟る」とは、
端的にいえば
「すでに悟っていると気づく」ことです。

別の角度からいえば、
「因果応報の渦から脱していると知る」
ことです。



人生という畑に蒔いた種は、
必ず実を結びます。
良い種も、悪い種も。

刈り取るのは本人です。
これが因果応報です。

良いことをしたのに損をする
ことはなく、
悪いことをしたのに逃げ得
ということもありません。

ただし、
因果応報を繰り返していたのでは、
大きな向上はありません。
同じレベルの場で
グルグル回っているだけ。

人それぞれの時期に、気づくのです。
因果応報は、あるように見えて、ない。
良いも悪いもない。

あるのは、
最終目標に向かって
高く高く昇っていこうとする魂だけ。

そして、その最終目標は、
「すでに自分の中にある最高のもの」を
磨き出すことだと。
「自分の本質は悟っている」
と思い出すことだと。



そう気づけばいいだけです。

なにも、
世俗的なものを全部捨てることが
悟りではないのです。

今ここにあって、
悟っている自分なのです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

月別アーカイブ