それはあなたのせいじゃない

世の中には、
責任を取り過ぎる人と
取らなさ過ぎる人がいます。

カウンセリングにいらっしゃる方は
「責任を取り過ぎる人」が多いです。

そういう人は
なんでも引っ被るだけでなく、
身の回りで起きたことを
自分のせいにしがちです。



これは身内の例ですが。

A子は
自分のバイト先が働きやすいので
友だちも誘った。

すると、
働き始めたその友だちが
上司と不倫関係に。
しかも
上司の奥さんにそれがばれてしまった。

A子は自分を責める。
「私がバイトに誘わなければ、
こんなことにはならなかった。」



この理屈、おかしい。
絶対におかしい。

ところが、
こういう考えになる人が
世の中には多いのです。



責任の取り過ぎは
やめた方がいい。

自分を追いつめるもとだから。



私にも、
責任を取り過ぎる傾向がありました。

今はそれはありません。



「やめよう」と決心して
やめられるものでないことも
知っています。

潜在意識に原因があるのですから。

潜在意識から
原因を抜けばいいのです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

月別アーカイブ