いやな人にこそ感謝

すべての人の本質は
善であり、愛であり、光です。

ひとりひとりが、
三次元世界にそれを現している途中。
それが人生。

途中ですから十分ではありません。
すると、
自分とウマが合う人、
合わない人がいるのは当然。
イヤだなあと感じる人がいるのも当然。

それはそれでいいんです。

ただ、どんなにイヤな人でも
どんなにひどい人でも、
その人が自分の前に現れてくれたことに
感謝することはとても大事。

このことは、強く強くいいたい。
なぜなら、
もしあなたがそれをしないでいると、
同じような人が次々に現れて、
同じようなひどい経験、イヤな思いを
することになるからです。

逃げても逃げきれません。

それを宿命と呼ぶ人もいるでしょう。
しかし、宿命だろうが運命だろうが、
すべては自分の手の中です。



ひどい人に
どうやったら感謝できるというのでしょう。

まずは、
その人がさせたひどい経験が
自分に必要だったと知ることです。

そして、なぜ必要だったのかを
理解することです。

これができれば、
その人に
「ありがとう」といいたくなるはずです。



なぜ必要だったのか。

あなたの学びのためです。

何を学ぶべきだったのか。

それに気づいてください。

その学びは必ずプラスです。



ちなみに、
反面教師にすることは
プラスではありません。
いつも申し上げていることですが。



ひどい人。
他人だろうが身内だろうが、
その人が現れたのは
あなたのためだったのです。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

月別アーカイブ