人間は秩序ある生命体

秩序は美しい。

それは必ずしも、
全員がまったく同じ動きをする行進のようなものとは限らない。

公園で、幼児が笑顔をはじけさせながら走りまわり、
親がやさしく見守る。

そんな光景も、秩序だ。

人間が、本来あるべき姿であるということか。




人間の肉体はからっぽ。そのため、カラダという。
実 ( じつ ) が詰まっているように見えて、虚だ。
本質はそこにはない、という意味。

虚であるカラダは、実の表現体だ。
実は秩序ある命であり、カラダはそれを現している。

いきいきと。
そして、個性を持って。
それが個人のカラダなのだ。



もし、病気になっているならば、
それは単に秩序を現していないだけ。
現す過程にちょっとズレが生じただけ。

秩序を戻せばいい。

そう知って病気と向き合えば、
病気、恐るるに足らず。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

月別アーカイブ