体の声は心の声

あまりにも西洋医学の考え方が浸透しているせいでしょうか。
体のどこかが悪いと、
そこだけを治そうとする人が多いようです。

しかも、一番手っ取り早く治す方法を選ぶ。


それでいいのでしょうか?


ある部位が悪くなったとき、
いきなりだと感じるかもしれないけれども、
そうなるまでに実は何か下積みの原因があるのでは?


ストレスにさらされ続けて、とか、
不摂生な生活で、というのは、
わかりやすい例ですね。

ストレスで胃がやられた、
不摂生を続けて肝臓にきた、という具合。


でもね、そういうわかりやすい順序だけではないのですよ。



手っ取り早く治すことだけを考えていますと、
たとえそのときは治ったとしても、
また別のところに出る可能性があります。

原因が取り除かれていないのですから。


体の声を聞くことは、心の声を聞くことであるべき。


西洋医学は体をバラバラに診て治すのが得意。
急性の症状を取るのが得意。

そして、これらの逆はあまり得意じゃない。

また、体を調べて原因がわからないと、
原因不明となってしまうのが西洋医学。


得意なことは任せればいい。

でも、なんでもかんでもできるわけじゃないってこと、
みなさん、うすうす気づいてらっしゃいますよね。


心の声を聞くことで、体は安心するのです。


体の本体は、心だから。


体を通して心がサインを出している。
だから。
それをじっくり聞いてあげてほしい。


そのお手伝い、いたします。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)


月別アーカイブ