心のよりどころとして

カウンセリングの仕事をして10年が過ぎました。

さまざまな変遷を経て。

まだまだ進化し続けます。


一回5000円のカウンセリングに
月数回のペースで半年通った、
という方がいらしたことがあります。

それはそれで意味のあることだったようですが、
このままいつまで通うのだろうと
その方は思ったそうです。


私のところのカウンセリングは、
料金は決して安くはありません。
ただ、延々通うことのないようにしようというのが
私の考えです。

カウンセリングは玉ねぎの皮をむくようなもの、
という考えのカウンセラーさんもいるようですが、
私はそうは思わないのです。

少ない回数で結果を出し、
明るく前向きに生きていっていただきたい。
そのお手伝いをするのが私の役目。


そう思ってやってきて、最近気がついたのです。
延々通わないと結果が出ないのも困るけれども、
ひとつ大きな結果を得て喜び、
その後日々を過ごしていると、
「ここも、もっとよくしたい」という点が出てくるものだと。


そんなとき、
「あそこへまた行けば、もっとよくなれる」と思ってもらえる場、
思ってもらえる私でありたい。


なるべく早く私のところを卒業してもらうことに、
少々こだわり過ぎていたのかもしれません。


ひとつの問題を解決し、開放感を味わうことは、
たとえるなら山登りが少し進んだようなもの。
しばらくすると、
さらなる高みへ登りたいという望みが出てくるでしょう。

そのときに。




私のところへ来ることに依存するのはよくない、
そう思っています。

と同時に、心のよりどころになれたらと思います。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)


月別アーカイブ