自虐が人生を左右する

笑いながら

自虐的なことをいう人。

けっこういます。





笑顔ににまぎれてしまうのですが、

自分をおとしめています。




せっかく笑顔でも

ことばで自分をおとしめてしまったら、

人生はうまくいきません。





ことばは創造力のある波動

ですから。








親が子どもに対して発することば。

それが子どもに

どれだけ大きな影響を与えるか、

おわかりですよね。

ほめ方、𠮟り方が大事だということです。






自分に向けて投げかけることばも

同じです。

自分をおとしめるようなことばを

発しつづけて、

運命がよくなるでしょうか。

努力が

しっかり実を結ぶでしょうか。





否。





自分がせっかくしたことを、

「それほどでもない」

「まぐれだ」

というように表現する。





なぜ、

「がんばりました」

「本気で努力したんです」

と、素直にいわないのですか。





正当に評価することに、

居心地の悪さを感じますか。








自分が得たものをおとしめる人も。

「大したものじゃないんです」





ごほうびをもらってはいけない自分

なのですか。









自分と自分の所有物。

その価値を表現することに

抵抗があるなら、

その抵抗ははずすべきです。





そうしないと、

常に

自分をうんと低く見積もることになり、

見積もっただけのことしか

できなくなります。





自分で自分の足を

引っ張っているのです







努力は誇っていいのです。

無邪気に。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。

月別アーカイブ