そこそこでいいと決めると

そこそこでいいと決めてしまうと、
どういう人生を送ることになるか。

きょうは、そのことについて書きたいと思います。



学生の頃、みなさんは、
テストで100点取ろうとして勉強していましたか。



100点取ろうと勉強して、取れなかったとき。
95点、悔しい。

60点でいいやと思って勉強し、64点。
まあまあかな。



最上を目指してそれがかなわず、悔しいと感じるのと、
そこそこを目指し、それをちょっと越えてまあまあかなと感じるのと。

どちらが次につながるでしょうか。



そこそこのためには、
今の自分の力の数割しか使わずに済ませます。

100点を取ろうとすると、
自分の力の限界に挑むことになります。



A: 100点を目指して95。
B: 60点を目指して64。

目標を達成したのはB。

しかし、元の目標がかなり低いので、
達成感もそこそこでしょう。

低い目標、そこそこの達成感。

これを繰り返していると、
自分の人生はその程度のものだと思うようになります。
60点や64点が自分だと。

本当は、それは自分の数割程度なのに。



限界を打ち破ったとき、
つまり、100を越えて120に達したとき、
こんどはそこが100になります。

さらに限界を越え、
100が115になったなら、そこが次の100です。

そうなると、元の100の何%増しが今の100なのでしょう。
計算してみてください。

はい、そんなにも広がるのです、自分が。



毎度60目指して64や67の結果を得ている人は、
いつまでたっても広がりません。



どっちを選ぶか。

それだけです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)


月別アーカイブ