地球を守る行動とは

宇宙から撮影された地球。

それを見て、
「この美しさを守ろう」と思う人がいる。

「美しい」と感じたのに、
地球を汚す人がいる。

ちがいななんだ?

1.人間性
2.物事の向こうを見ているか



人間性。
その人の本体がどれだけ現れているか。
30%の人もいれば、80%の人もいる。

物事の向こうとは。
自分の行動の先の先。

それを意識するかしないか。
たとえば、
油を台所の排水口に捨てたら?



話かわって。
ストライキで社会を動かそうとするのは、
人を困らせ、折れるのを期待すること。

その行為はときに、
大きな負の事態を引き起こす。

昔、テレビで人気のあった男性が
自宅で倒れ、
意識のないまま救急搬送された。

その途中、
ストライキの長い列が道路を通っていて、
救急車は動けなくなった。

やっと病院に運ばれた彼は、亡くなった。

ストに参加した人たちは
知らないだろう。


大人数のストだったから?
ひとりのストなら大丈夫?

いや。
事態の内容が異なるだけ。
ストをした本人には見えないところで、
負の事態は必ず起きる。



地球を守る行動は
足元から。手元から。

人間性を磨くところから。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。

地球上の平均値

つい、比べたくなります。
平均的な人と。

学歴が自分と同じぐらいだと、
◯歳までに結婚して、
◯歳までに家を持って、
子供が◯人いて。

しまいには、
◯歳ぐらいで老い始め、
◯歳ぐらいで何か病気になって、
◯歳ぐらいで死ぬ。
と、うっすら考える。
世間の情報から。

それらはおそらく、
日本という国の中での平均。
別の国には
別の平均があるのかもしれません。


いずれにしても、
狭い範囲での話です、その平均。

地球上の平均で見るならまだしも。

そうです。
分母をどう取るかで、
平均なんて変わるのです。


さらには、
最後は土に返る肉体を前提に
人生を組み立てたら、
そこには大きな制限が生まれます。

その制限を意識する限り
あなたは、
◯歳でどうなるかを
常に心配することになるでしょう。


肉体。体。カラダ。
空(から)だからカラダです。

空なものに左右され、
がんじがらめになっていては
本当にもったいない。

あなたの命は
そんなふうに小さく
限られたものじゃない。

思いは天を駆け巡り、
どれだけでも大きく。

そしてそれがエネルギーとなって、
あなたの人生を創っていく。


地球上の平均値なんて
クソクラエ。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。

できる・やった・役に立つ・好き

できることをやる。
これはある意味、順当。

やったことをやる。
これもある意味、普通。

人の役に立つことをやる。
これは必要。
そして、たいていのことは
誰かの役に立つ。



好きなことをやる。
これが実は、難しいときがある。

「好きなことをするのはわがままだ」
「好きなことをしていては
食べていけない」
などと、強く思い込んでいる場合。

また、
できることや
やったことのあることに
意識が向きがちで。



好きなことは
どんどん後回しにされる。



人生は、人に尽くすためにある。

と同時に、自分が輝くためにある。

どんなときに輝くか。

好きなことに没頭しているとき。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。

頭で考えること

頭で考えることの基盤は
顕在意識(表在意識)にあります。

考えることも大切ですが、
それと同じぐらい大切なのが、直感です。
これは潜在意識から上がってきます。

直感とは、ふと浮かぶ思い。
これを大事にすることで、
ある人は難をのがれ、
ある人は偉大な発見や発明につなげます。

ふと浮かぶものを打ち消して、
頭で考えることに
切り替えてしまう人がいます。

自分の直感が信じられないのでしょうか。

頭で考えて出した答えが一番だと
信じているのでしょうか。

もったいないことです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。

月別アーカイブ