自分を信じているか

一番大事。

一番大事。

自分を信じているかどうか。



たとえ、
今やっていることが
できなくなっても、
自分を信じていれば、
必ず別の道が開けます。

やっているときは
もちろん全力を尽くす。
けれども
それが突然できなくなっても、
「生きる希望がない」
「自分にはもう価値はない」などと、
思う必要はさらさらありません。



自分の本質が、
肉体という衣装を作って、
地球という舞台に登場したのです。

人生の状況が変わるのは、
舞台で演じている途中に、
手に持つものが
トンカチからフライパンに変わるとき
というだけ。

トンカチしか持てない
というのは思い込み。


なんだってできる。
あなたの本質とはそういうもの。

自分を信じるとは、
本質を信じること。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。

自分を生かし、人を生かす。

自分を生かし、人を生かす。

人を生かし、自分を生かす。

どちらが言いやすいですか。


自分を…の方だと思うのですが。



自分が先なのです。

それが自然なのです。



ただ、ここでも大切なのは、
自分とは
我(が)ではなく、
体でもなく、
本当の自分。

というわけでやはり、
自分とは何か
をしっかり知っていることが
肝心だということになります。

そうしないと、
「自分を生かすなんてわがまま」
「自分を押し殺しても人のために」
などということになるからです。



本当の自分。
魂と呼ぶこともあります。
本質と呼んでもいい。

なんと呼んでもいいのですが、
とにかくそれは、
あなたの奥に光っています。

あなたの源です。

それは完全。
愛、喜び、善、無限の可能性。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。

自己犠牲は不要

これからの地球に、
自己犠牲は不要です。

誰もが本当の自分を活かす。
そうすることが他人を活かす。

このことに皆が気づけば、
誰かが犠牲になって
そのお陰で誰かが助かる。
という構図はなくなります。



犠牲を美しいと信じていると、
犠牲を求めます。
あるいは自分が犠牲になります。


今、もし
自分が犠牲になっていると感じるなら、
それをすぐにやめるか、
実はそれは自分にとって
学びの機会だと知り、
なるべく早く学び切って終わりにするか。

どちらかです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。