続・ヒーリングはなぜ可能か

前回、「ものごとの本質は、物質にはない。」と書きました。
命 → 心 → 物質 の順序で作られていると書きました。

このことは、人生において知っておくべき
最も大切なことのひとつといえるでしょう。

知っているか知らないかで、人生は大きく変わります。



病気や不幸は、命の中にはありません。
命は善そのもの、愛そのもの、幸そのものなので、
そこには病気も不幸もないのです。

ではなぜ、物質である肉体に病気や不幸が現れるのか。
それは、心がそれを作り出してしまっているからです。

心は目に見えません。
また、心として感じている部分は、実は心の表面10%に過ぎません。

そしてさらに、人間の五感は物質だけを感じるようにできているので、
病気や不幸の原因が物質にあると勘違いしてしまうのです。



物質に原因があると信じているので、
その物質をなんとかしようとする。

その努力がうまくいくこともあります。
この世には物質の法則がありますし、
また、心の表面10%にも、10%なりの力はあるからです。

しかし、それだけで
この世から病気や不幸をなくすことができたでしょうか。

否。

ヒーリングと呼ぶものにもさまざまあります。
あなたがもしヒーリングに関心をお持ちなら、
ある特定のヒーリングが、

a. 物質に働きかけることを目的としているか
b. 心に働きかけることを目的としているか

をよく見極めてください。

a だけだったら、そのヒーリングには限界があります。
物質を使った治療に限界があるのと同様に。

b だけ、または a と b を適宜組み合わせているものなら、
そのヒーリングはさらに知ってみる価値はあります。

ただし、そのヒーリング方法を世に送り出した人、
あるいはそれを実際に扱う人が、

・ものごとの本質は、物質にはない。

・命 → 心 → 物質 の順序で作られている。

ということを知っていないと、
たとえ b の姿勢でヒーリングをおこなっていても、
やはり限界が生じます。


私は西洋医学を否定する気はさらさらありません。
西洋医学にも得意なことはあります。

しかし、物質をもって物質を制しようとするのが西洋医学ですから、
限界があるのです。
( それをあらかじめ承知した上で、私は医学部にはいりました。)

東洋医学はどうでしょうか。
こちらにも、得意な点は多くあります。

でもやはり限界があります。

人間の体に世界があり、宇宙があるととらえる東洋医学は、
物質であるととらえる西洋医学よりは広い視点を持つけれども、
治療に使うのは物質なのです。
漢方薬、ハリ、もぐさ、など。

ものごとや人間の本質は命にあるということを
しっかり踏まえた上で、
西洋医学も東洋医学も使うならば、
それぞれのよさが存分に発揮できるはずなのです。



なんにおいても、偏るのはよくないことです。
たとえ、あるヒーリングに効果があるからとて、
医学的な治療をやめなさいという人がいたら、要注意です。

最も大切なことは、
どれを用いるかではなく、
本質がどこにあるかを知っているかいないかだからです。




☆ 夏の間お休みしておりました、セミナー茶会をいたします。

テーマ: ゆるゆると、夢、実現。
と き:  9月27日 ( 土 ) 13:00~15:00
ところ:  メンタルコンサルテーション静かな樹
参加費: 3,000円 ( 当日現金でお願いいたします。)

詳しくは、9月8日の記事をご覧ください。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

月別アーカイブ