細胞は全部入れ替わっているのに

人間は肉体ではない。

体は、あなた “の” 体であって、
“あなた” ではない。



この世に生まれたときに体を構成していた細胞は、
今やことごとく別の細胞に入れ替わってしまっています。

もし肉体が人間の本体ならば、
生まれたときのあなたと
細胞が入れ替わった今のあなたはちがう人のはず。

ところが、生まれてからずっと経験してきたことは
あなたの中に蓄積している。
そして、あなたはその人生に責任を負っている。



体はあなたではない。

あなたはその体を司っている存在なのだ。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。


月別アーカイブ