子は親の鏡と気づく

鏡といっても、全く同じ姿を映すものではありません。

反映という意味です。

 

たとえば、子供が親に学校でのできごとを話す。

親は、子供がどういう気持ちでそれを言っているかを考えることなく、

自分の意見をまず言う。

それが度重なると、子供は親に何も話さなくなります。

しまいには、不良グループにはいるかもしれません。

 

親は言うでしょう。

「私はこんなにまじめに生きてきたのに、

なぜうちの子は?」

まじめな親を鏡に映したとき、不良の子が映った。

これこそが、「子は親の鏡」。

 

たとえば、二人兄弟で、

上の子は成績優秀、下の子はさほどでもない場合。

「同じように育てたのに、なぜ?」

と、親がぼやく。

これを聞いた下の子は、やる気をなくすでしょう。

そして、ますます成績が落ち、学校がいやになる。

 

親はまた言う。

「同じように育てたのに、なぜ?」

これは、下の子に、

「あなたは元のできが悪いから、

お兄ちゃんと等しく育てたけど、できない。ばかなんだ」

と言っていること。

 

「同じように育てたのになぜ」の言葉の裏には、

上の子と下の子を比較する気持ちがある。

 

熱心に育てた親を鏡に映したとき、学校嫌いの子が映った。

子は親の鏡。

 

親は、自分のどういう点が目の前の子を作ったのか、

全く、ちっとも、ひとつも、わかっていないことが多い。

 

十代までの子供に、親の影響力は大。

それを伝え、まずは親御さん自身がカウンセリングを受けてほしいと

話しても受ける親はいない。

 

いない。

今までひとりもいない。

 

その理由は、こうだ。

「自分は、親として精一杯のことをしてきた。

あとは子供の問題」

 

精一杯の努力が、

実は方向性を間違えていたから今の結果があるということに、

気づいてはもらえない。

 

方向性を間違えていくら努力しても、

その努力は実を結ばないどころか、

かえって子供を苦しめていることがある。

あるどころか、ほとんどそうだ。

 

今考えているのは、

必ず先に親御さんがカウンセリングを終えてから、

十代のお子さんのカウンセリングをお受けするという流れ。

 

そうしないと、子供さんがあまりにかわいそう。

「あなただけが悪い」

と言われているに等しいわけだから。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

掘り下げの例ー私の場合 2

カウンセリングに取り入れております、掘り下げ技法。

どんなものなのか、私が私を掘り下げた実例を挙げます。

参考にしていただければと思います。

 

掘り下げる側の私を P ( practitioner )、

掘り下げられる側の私を C ( client )とします。

 

 

まず、問題となっていることを一文にします。

今回の私の場合は、

「Aを片づけるのがめんどくさい」でした。

Aが何なのかは、みなさんに呆れられそうなので伏せさせてください。

さあ、掘り下げ開始です。

 

P: Aを片づけるのがめんどう、ということから

  思い浮かぶことは何ですか。

C: 過去を振り返るのがイヤ。

P: どうしてでしょう。

C: 前に進みたいから。

  細かい作業は人に任せたい。

  ファイリングとか経理とか。

  そうすることで、自分の仕事に集中できる。

P: 思い込み(=最初の問題の土台となっているもの)として、

  「Aを整理していると、集中すべきことに集中できない」

  というのがあるようですが?

( 注: ここで筋肉反射テストを行い、

この思い込みが潜在意識の中にあるかどうかを確認。

あると判明。)

P: この土台を引き抜いて、代わりに、

 「Aの整理をのびのびと行いながら、

 集中すべきことに集中できる」

 を入れてもいいですか。

(注: これを置き換えと呼びます。)

C: はい。

(注: このように、本人の了承を得てから置き換えを行います。

その後、筋肉反射テストで、引き抜きができたか、

置き換えができたかを確認します。)

 

P: ほかに何か感じることはありますか。

C: 細かいものを片づけていると、焦りを感じます。

  「時間がなくなる」という焦り。

  家事でも、十分時間を取っているのに、

  「あれもこれも、やらなきゃいけないのに」と。

( 注: ここで、思い込み(=土台)として、

  「細かいことをしていると、時間がなくなる」

  があることを筋肉反射テストで確認。あると判明。)

P: この土台を引き抜いて、代わりに、

 「細かいことを片づけつつ、

 大切なことのために時間をしっかり確保できる」

 「細かいことも、大切なことも、

 のびのびと行うことができる」

 を入れてもいいですか。

C: はい。

(注:この後、筋肉反射テストで、

引き抜きと置き換えができたかを確認。)

 

以上のような掘り下げを行うことで、

私は、見事に、

「Aを片づけるのがめんどくさい」がなくなりました。

 

それまでは、Aが溜まっているのを目にするたびに、

「片付けなくちゃ」

「いつ片づけるの、私」

「いい加減やるべきでしょ」

と自分に言い聞かせながらも、

どうしても手が出せず、溜まる一方だったのです。

Aの山を見るたびに、胸がグッと詰まるのも感じていました。

 

ところが、掘り下げ後、Aの山を見た私は、

「どれ、片づけようかな」

とサラリと思い立ち、取りかかり、

片づけてしまいました。

 

「やろう」「やらなきゃ」ではできないことはたくさんあります。

なぜできないのか、表面の意識ではわかりません。

そういうとき、

潜在意識にどんな思い込みがあるのかを見つけて対処する。

それが掘り下げです。

 

「あ、私、思い当たることがある」

という方、カウンセリングへどうぞ。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

静かな樹の茶話会へどうぞ

静かな樹 女性のための茶話会。

第1回目のテーマは、「女性らしさ ~ 幸せ体質になるには ~」。

年齢を問わず、ご参加をお待ちしております。

 

たとえば、

・幸せな結婚がしたい。
・夫とのけんかを減らしたい。
・恋愛ベタをなんとかしたい。
・仕事に生きる上で、女性らしさをどう活かせばいいの?と思っている。
・女性らしさを表現することに抵抗がある。
・本当の女性らしさを知ると、どんないいことがあるの?と思っている。
・原美紀の実物を見てみたい。

という方、どうぞどうぞ。

私からのお話しのあと、疑問に思っていらっしゃることに答えます。
なんでもお聞きください。

当初の予定より、時間を長くしました。
たぶん、あっという間でしょうから。


★ 静かな樹 女性のための茶話会 ( 第1回 )

と き  5月26日 ( 日 ) 13:00~16:00
ところ メンタルコンサルテーション静かな樹
参加費 5,000円 ( 当日現金でお願いいたします。)

参加ご希望の方は、

・お名前
・ご住所
・電話番号
・メールアドレス

をお書きになり、

contact@shizukanaki.com

宛てにメールをお願いいたします。
その際、こちらからの返信が届くよう設定をご確認ください。

お気軽にお越しください。
ウィーンのおいしい紅茶、アッサムゴールドチップを用意して
お待ちしております。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。
どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

掘り下げの例ー私の場合 1

最近、カウンセリングに取り入れております、掘り下げ技法。

非常に効果が高く、効果のわかりやすい技法です。

 

どんなやり方なのか、例でお伝えします。

数日前、私が私自身に行った掘り下げです。

 

リアルに詳細にお伝えするのは難しいのですが、

できる限り書いてみます。

悩みそのものがあまり深刻でないのは、

深刻な悩みをここで暴露するのがいいこととは思わないからです。

深刻な悩みでも、掘り下げることは可能です。

 

掘り下げる側の私を P ( practitioner )、

掘り下げられる側の私を C ( client )とします。

 

 

 

P: まず、問題となっていることをひとことで言うと?

C: 先生と名のつく女性が苦手。

(注: これは、最近つくづく困ったなあと思っていたことです。)

 

P: 「先生と名のつく女性が苦手」で思いつくことは?

C: 小学校のときの担任、T 先生と W 先生が、

  自分の感情で生徒に向かう人だったこと。

 

(注: ここから、

 「女の先生は、感情をむき出しにするのでいやだ」

 「感情をぶつけられるのはつらい」

 「母も感情をぶつける人だった」

 「女ってどうしてこういう生き物なのだろう」

という思いがあることがわかる。)

 

P: 思い込み(=最初の問題の土台となっているもの)として、

 「女性は感情をむき出しにするものである」

 「私は女性の感情を真っ向から受け止めてしまう。

  それが私の役目である」

というのがあるようですが?

( 注: ここで筋肉反射テストを行い、

これらの思い込みが潜在意識の中にあるかどうかを確認する。

あると判明。)

C: 納得。

P: このふたつの土台を引き抜いて、代わりに、

 「女性が感情をむき出しにしても、

  私はそれを受け流すことができる」

を入れてもいいですか。

(注: これを置き換えと呼びます。)

C: いいです。

 

(注: このように、本人の了承を得てから置き換えを行う。

その後、筋肉反射テストで、引き抜きができたか、

置き換えができたかを確認する。)

 

以上です。

 

さて、思い込み(=最初の問題の土台となっているもの)を

どうやって見つけるのか、ですが、

これは、潜在意識に聞くとしか表現のしようがありません。

 

また、土台を引き抜いた代わりに入れる文を

どうやって見つけるのか、ですが、

これも、潜在意識に聞いているのです。

そして、C 側の方にとって十分しっくりする文にしてから、入れます。

 

では、どうやって引き抜くのか。

どうやって入れるのか。

これについては、この場で数行で説明することはできません。

 

ただ、この掘り下げを行った後の私、確実に、

「先生と名のつく女性が苦手」という思いがなくなっています。

 

こうやってセルフ掘り下げも、やればできますが、

抵抗感が邪魔をすることもあります。

私が私自身の問題を、

何でも掘り下げられるとは限らないということです。

ですから、他の practitioner に掘り下げてもらいます。

問題ごとに掘り下げをやっていくことで、心が格段に軽くなりました。

 

軽くなるとわかることは、

今までどんなに重かったか、ということ。

そして、心が軽くなると、未来に対して見えてくるものが違ってきます。

実感です。

 

次回も、私自身の例をお伝えしたいと思います。

家の中のあるものを片づけるのがめんどくさくて

数ヶ月放置したままなのを、

なんとかしたいと思って行った、セルフ掘り下げ例です。

 

掘り下げを受けてみたいとお思いの方は、

どうぞカウンセリングにいらしてください。

心が軽くなるお手伝い、できます。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

静かな樹 女性のための茶話会 ( 第1回 )

参加者募集中です!

気づきの多い、楽しい会にいたします!

 

月別アーカイブ