小さな行動がすべて地球に還っている

あたり前になっていること。

人間は、地球にくっついて生きているということ。

万有引力というもので。



人間は、万有引力を発見したけれども、
どうしてそれがあるのかはわからない。

科学は解明や開発の手段だが、
科学では作れないものが山とある。
そのことは、謙虚に受け留めなければいけない。

まったくの無から有を作ることはできないのだ、人間は。


地球は万有引力で、人間をしっかり引きつけている。
植物を育て、そこから酸素を出している。
海を持ち、それが水分の供給源となっている。

まだまだたくさんある、地球からの恩恵。

それらがあたり前となっている人が多い。

さらには、自分が取る小さな行動が
すべて地球に対しておこなっていることだと
気づかない人も多い。



歩きたばこをして、
その吸い殻を地面に投げ捨てる。

地面は地球なのに。

ゴミの分別をせずに出す。
それが焼却されて有害な煙が出る。

大気も地球の一部なのに。

タダだかららといって、
出先で電気や水を必要以上に使う。

電気も水も、
元は地球がくれたものだと忘れたか。

安いからといって次々に服を買い、
数ヵ月着ただけで捨てる。

服の原料だって、地球から生まれているのだ。

アイドリングストップと書いてある場所で、
ちょっとの間だからとエンジンかけたまま
車を停める。

そのちょっとがいけないから、
やめようと言っているのに。


人間は地球なしには生きられない。

人間は地球とともに生きている。

なぜ、それがあたり前になってしまうのか。



あなたが歩いているのは、地球。

あなたが、
お金を払ったから自分のものだと主張しているものは、
すべて地球から。

あなたが、あとは誰かがなんとかくれると
思って取る行動は、
地球に還っているのです。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。


月別アーカイブ