被害者か加害者か


自分は被害者だと信じている人は、
さまざまな場面で被害者になろうとします。

なろうとする?

はい。
「やっぱり私は被害者」
と証明していくのです、次々と。



だいたいは、「親のせい」から始まりますが、
それに続けて
「兄弟のせい」、「配偶者のせい」、「子どものせい」にしていきます。

「友だちのせい」、「先生のせい」もあります。



そして、被害者だと信じ切っている人は、
いつの間にか加害者になります。

自分ではそのつもりがないのに。



人間を被害者と加害者にしっかり分け、
いつもその観点から人を見ているから。



本来、世の中の人間を
被害者と加害者に二分してしまうのには、
いくらなんでも無理があります。

それなのに二分している。

だから、その極端さゆえに、
自分も加害者になってしまうのです。



ちょっとわかりづらいでしょうか。



ある場面でやけにふんぞり返っていばる人が、
別の場面で驚くほど卑屈になるのと同じ、
といえば、少しはわかっていただけるでしょうか。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。


月別アーカイブ