「本当にしたいこと」の意味

人間は、「本当にしたいこと」をして生きていく方がいいのです。

近年、それを声に出して言う人が増えました。



食べるために働くのは終わりにしましょうね。

働くのは食べるため、食べるのは生きるため、
では、生きるのは何のため?

と聞かれて答えられないようでは、
ただ生きているということになります。



本当にしたいことを成し遂げるのは、
自分という個の生きる目的のひとつであります。

「ひとつ」と申しましたのは、
人類に共通する目的もあるからです。

個の目的や使命は、その人だけの特別なもの。

それは、自分の中からフツフツと湧いてくるもの。



では、
「オンナ遊びをしたい」、
「ギャンブルで思いっきり稼ぎたい」、
「毎日飲み暮らしたい」、
「玉の輿に乗って、着飾っていたい」
というような「したいこと」はどうでしょうか。

これらは、「したいこと」ではあるかもしれませんが、
「本当にしたいこと」ではありません。

そのちがいがはっきりわかっていないと、
「したいからしているのだ」と言って、
身を持ち崩したり、
周囲に迷惑をかけたり、
自分という人間を金に売り渡したりすることになるのです。



「本当にしたいこと」は、
もしかしたら最初は誰かの反対に合うかもしれないけれども、
最終的には世の役に立ちます。

そして、あなた自身を輝かせます。



光として生まれてきた人間は、
輝くのが使命です。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。


月別アーカイブ