全部〇〇のせい

自分の人生がうまくいかないことを

何かのせいにしたくなる気持ち。

よくわかります。



何かのせいにすることは

けっこう簡単にできます。

だって、

マイナス要因は

そこらじゅうにあふれているんだもの。



親のせい、学校のせい、上司のせい、社会のせい。







逆を行く人もいます。

全部、自分のせい。



夫が浮気するのは自分が至らないから。

子どもが不登校なのは、

自分の愛情が足りなかったから。

職場でトラブルが起きたのは、

自分が能力不足だから。






全部誰かのせいというのも、

全部自分のせいというのも、

偏っています。



では、どう捉えればいいのでしょう。

臨機応変、難しい。



大事なのは、考え方の出発点。

自分がこの上なく尊い存在だということ。

それを知ること。

今ここに現れている姿のことではなく、

本来の自分。



自分自身の真価値が心の底からわかれば、

どの辺までが自分せいで、

どの辺からは人様が考えるべきかが、

すんなりわかります。




そうなれば、おのずと、

焦点を当てて努力すべきこと、

その方向や範囲がわかります。




全部自分で抱え込まず。

全部人に丸投げせず。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。

最近の記事