確実を投影したのがこの世界

見えるものだけを信じたい・・・

気持ちはわかります。

それが一番確実だと思うのですね。



ではもし、

それが確実ではないとわかったら

どうでしょう。






いつもそばにいた人が、

突然死んで何も残らなくなる。



まじめにがんばっている人が

報われるとは限らない。



健康に気をつけている人が

病気になる。





見えているこの世界に

確実なものなどない、

ということになりませんか。






諸行無常でむなしいと

いっているのではありません。



本当に確実なものをつかみ、

その上でこの世界を見ることで、

確実でないものの中に

確実を “観る” ことができる

ということを伝えたいのです。







見える世界だけにこだわり、

なんとかしようと思っても、

限界があるのです。








確実なものを投影した世界。

それを私たちは見ているのです。



それがわかれば、

この世界のできごとに

振り回されることもなくなります。



投影だから、

ちょっとした加減でゆがむこともある。

ゆがむことなく

きれいに投影させるには

どうしたらいいのか。



考えるべきはそこだと

わかります。





・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、
カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いて
カウンセリングを行っているのかを
書いていきたいと思います。


毎週月曜日 朝8時 更新予定です。


月別アーカイブ