悪いことが重なる意味

「泣きっ面に蜂」といいます。
「悪いことは重なるもので」
という常套句もあります。

確かにそういうときはありますね。



どうしてそうなるか、
考えたことはありますか。

理由は
大きく分けると2つあります。

1.
その人の潜在意識の方向が
マイナスを向いている。

2.
その人にとって大きな転機がきている。




1だったら、
潜在意識の方向を変えればいい。
潜在意識の中に
いっぱい溜まっているマイナスを
解き放ってしまえばいいのです。
そうすれば、
マイナスからプラスへ
ガラリと向きが変わります。

2だったら、
人生における一大転機が
目の前にきています。
もちろん、
よい転機に決まっています。
その前の清算なのです。
それが、次々と起きる悪に見えるだけ。

自分は不運だなどと
思っている場合ではありません。
喜んでひとつひとつに取り組み、
清算してしまいましょう。



では、
今の自分が遭遇している
悪と見えるもの、大変なことの数々は、
果たして1なのか2なのか。

その答えは直感でわかるはずです。
ピンと。
日頃から前向きで、
常に人間性の向上を
心がけている人ならば。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

メンタルコンサルテーション
静かな樹


どのような考えに基いて
カウンセリングを
おこなっているのかを
書いております。


毎週月曜日 朝8時
更新予定です。

月別アーカイブ