潜在意識をよい思いで満たす


潜在意識には、いったいどんな思いがはいっているのでしょう。

よい思い、よくない思い。

潜在意識は、“ 潜って ” いるから潜在意識。
中をのぞくことが難しいのです。

ですから、どんな思いがはいっているのかは、
自分でもよくわかりません。



はいっているのがよい思いだけだったらいいのですが、
よくない思いは困りますよね。

そんな思い、なぜ持ちつづけるのでしょうか。



持ちつづけることで、
あなた自身の役に立つからです。



たとえば、
「私は不幸でいるべきだ」
という思いが潜在意識にはいっていたとします。

それがなんの役に?

立つんです。



ここに、A さんからひどい目に合わされた B さんがいます。

運命を狂わされた B さんは、
不幸な姿を A さんや世間に見せることで、
「A さんは、私をこんなふうにした悪人です」
と訴えることになる。
そうやって A さんに復讐ができる。( と思い込んでいる。)

よって、「私は不幸でいるべき」 なのです。



では、B さんが不幸から脱出するにはどうしたらいいのか。

「しあわせになろう」 と決心しただけでは足りないということ、
おわかりいただけますね。

まずは、A さんへの復讐心をなんとかしなければなりません。
「不幸でいるべきだ」 という思いを解消しなければなりません。



げにも、潜在意識はその方の人生を動かします。

潜在意識をよい思いで満たすことが大切ですね。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。


月別アーカイブ