人が変われるのは当然との字

私の父は酒飲みでした。
母は、結婚式の日にそれを仲人さんから聞かされたそうです。

母の実家は、昔、造り酒屋をしていて、
その後、小売業に移行しました。

そのような家の出だから、酒飲みには寛容だと
父は考えたにちがいありません。
しかし、母は酒飲みが嫌いでした。

私が大人になり、
大酒を飲む人は
心の寂しさを酒で埋めようとしているのだとわかりましたから、
それを母に言いました。
妻である母が、父の寂しさを理解してあげることが
何より大事だということも。

それに対して、母はあっさり言いました。
「パパは昔から大酒飲みだから」

変わらない、変わりようがないというのです。

そうではないということを
私はこんこんと説いたのですが、無駄でした。
この人はこういう人、と決めたら絶対にその先入観を変えない母は、
父に対しても変えることはありませんでした。

確かに、心の寂しさが生じたのは母と出会う前でしょう。
とはいえ、それを温かく包んであげるのが女性性ではないでしょうか。

母に、その気は全くないのでした。

酒を飲むことだけをとがめられ、
父に分はありませんでした。

 

行動だけをとがめて何になるでしょう。

酒を飲むという行為だけではありません。
悪い癖、性格と思われている言動、
そして、ちゃんと行動しないという行動も。

人は変われます。
私からすると、それはあったり前中のあったり前。

ただし、自分以外の人を変えようとしても
なかなかできるものではありません。
その人の行動が自分に負の影響を与えているならば、
その人を引き寄せた自分を省みる機会と見るべきです。

また、過去があって今があるということにとらわれ過ぎていると、
今も未来も変えられません。
これも事実。

目の前の他人を変えようとする執着。
過去を引きずる苦しさ。
自分を変えたいと努力しても変わらない情けなさ。

こういったものから自由になりませんか。

カウンセリングにいらしてください。
10月6日(日)のセミナーでも、上記の内容を含めてお話しします。

人は本来、いい意味で自由。
それを知っているか知らないかで、
人生の味わいは大きくちがってきます。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

25歳より前の私へ

7時更新予定が、ここのところ遅れております。
ご容赦を。

ずいぶん自由になった私。
絶対守るべきことは守るけれど、
そこまででないことには必死にならなくなりました。

たとえば、人と会う約束をしていたら
その時間は厳守。当然。
でも、人に迷惑をかけない程度の期限などは
ギチギチに守ろうとは思わなくなった。

自由は、他人の権利を尊重した上で成り立つ。
自由は、義務を果たした上で成り立つ。
ということはしっかり踏まえた上で、私は自由。


思えばこの一年、私の心はずいぶん軽くなりました。
感無量であります。
それと同じ思いを、ひとりでも多くの方にしていただきたいと願い、
静かな樹のメニューを一新いたしました。

お陰様でご好評をいただいております。

 

この一年も驚異の変革だったけれども、
それをはるかに凌ぐ大変革は、
私が25歳のときに起きました。

あれがあったからこそ、
その後の私の人生は、
数々の失敗をものともせず進んでくることができたのです。
医者にもなっちまった。

それまでとても自分らしいと信じていたことが、
実は自分ではなかったと知ったときの
驚きと開放感。

目つきが変わり、
人への接し方が変わり、
何よりも、自分の本当の幸せを求める気持ちに変わりました。

これ、大事です。

他人は自分の延長線上にあるので、
自分が幸せであることが全てのスタートです。

ちなみに、ここで指す幸せは、
“ 本当の幸せ ” でなくてはなりません。
勘違いの幸せは、自分をあらぬ方向へ向かわせます。

 

さて、「静かな樹 女性のためのセミナー (第3回)」の
お知らせがまだです。
7、8月をお休みして9月にと言っておりましたのに。

次回は、10月6日(日)の午後に予定しております。

そのテーマを何にするか。
とても簡単で効果の高いリンパマッサージを習ってきたので、
それをして、みなさんでお顔のリフトアップに狂喜しようか。
そう考えていたのですが、
そのリンパマッサージは、
インストラクターの資格を取らないと
人様に教えてはいけないのだそうで。

じゃあどうするか。
と、考えていたところ、カウンセリングに来てくださった方が、
「芋モンブランと栗モンブランの話がよかった」
と言ってくださったのです。
前回のブログ記事のことですね。

そう言ってくださったのはうれしく、
そして、はたとひらめいた。

25歳より前の私が知らなかったこと、
25で知って、自分の人生を大きく変える結果となったこと、
そういう事柄をお話ししていけばいいのではないかと。

25歳前の私に語りかけるつもりで。

そんなわけで、
10月6日(日)午後、よろしければ空けておいてください。
テーマは今週中にお知らせいたします。

 

人生の方向性を定め、
しっかりとした足取りで歩む。

そういう女性が増えることを切に願って。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

居心地のいいところ

居心地のいいところ。
それは大きく分けてふたつに分類できます。

1.自分らしさが発揮できているため、
とても気持ちがいいと感じるところ。

2.努力しなくてもラクチンでいられるところ。

1を元々持っている人は、なかなかいないと思います。
自分らしさを発揮できる場はどこだろうと、
しばらく探して、多少間違えもして、
その結果発見する、ということが多いと思うのです。

つまり、1に行くには努力が必要。

たいていの人は、2をすでに持っていて、
そこでのラクチンさに馴れてしまっています。
そして、ここでいいやと思う。

けれども、ラクチンさを優先させますと、
自分らしさは発揮できません。
まさかと思うでしょうが、そうです。

「こんな自分」と自己評価したとき、多くの人は評価が低い。
それこそがつまり、
ラクチンな中にいる自分を
そこまでの人間と思い込んでいる証拠です。

しかも、そこまでの人間でいいとする理由まで持っている。
いや、持っているというよりも、
自分に言い聞かせているのです。

それはなぜか。

おそらく、

A.努力はつらいと思っている。

B.失敗して人から笑われるのが恐い。

から。

 

「いや、そんなこと思ってません」と言うかもしれません。
これは、表面で思っているかどうかではないのです。

潜在意識の話です。

私は潜在意識の専門家を自負しており、
「思う」がどこで思うなのか、
それを見極めるお手伝いをしています。

潜在意識が、
「努力はつらい」「失敗して笑われるのが恐い」と思っているまま、
勇気を出して1を探そうとしても、
ちょっとした失敗にショックを受け、
また2に逃げ帰ることになりかねないのです。

まずは潜在意識を整える。
それが大事です。いつもながら。

 

今、突然頭に浮かんだたとえです。

私が子供の頃、モンブランといえばさつま芋が原料でした。
それがモンブランだと信じていました。
ほかにあるなんて思いもしなかった。

そして、私は芋モンブランが大好きでした。

大人になって、初めて栗モンブランを食べたとき、
衝撃を受けました。
その深くて洗練された味わいに。

以来、私にとってのモンブランは栗モンブランです。
もちろん。

けれども、芋モンブランが好きだった自分もいとおしい。
たまに食べるとなつかしい味。
そのなつかしさを楽しむこともあります。

 

お気づきでしょう。
栗モンブランは1です。
芋モンブランは2です。

世間にどうやら栗モンブランがあるらしいと知ったら、
食べてみるべきです。

芋モンブランを否定はしません。
が、それはあくまでも、栗モンブランの代用品なのです。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

リモート・ビューイングとは

新メニュー
・クリスタルの助けによるリモート・ビューイング( 前世療法 )
とは。

クリスタルを使うことで脳波をシータ波にし、
過去世や遠いご先祖の人生を見ていくというものです。

過去のできごとをなかったことにはできません。
けれども、できごとを通して得てしまった思い込みを
変えることができるのです。

思い込みは思考パターンを作ります。
それを今の人生に持ち越していて、
ご自分を制限しているとしたらどうでしょう。

過去の思い込みを変え、学びを終了させる。
それがリモート・ビューイングです。

旧メニューのヒプノセラピーの中にも
過去世退行 ( 前世療法 ) はありました。

それを受ける方にいつも申し上げていたことがあります。
「過去世が本当にあったかどうかは、誰にも証明できない。
大事なことは、事実かどうかではなく、
潜在意識が見せてくれているドラマ、
その中から気づきを得ることだ」と。

その考えは、新メニューにおいても変わりません。

 

リモート・ビューイングでは、時間を旅するわけですが、

クリスタルをこのように配置して行います。

この画像は、私が受けたときのものです。
このとき私は4つぐらいの過去世を見て、
かなり長い間思い込んでいたことを発見し、解放しました。

また、この前に受けたときは、
平安時代の女性 ( 高貴な女性に学問を教えていた ) から
ある能力を10倍に強めてもらってきました。
そして、実際、その能力は自分でも驚くほど発揮できています。


( 私にもプライバシーがございますので、
思い込みや能力の具体的内容についてはご容赦ください。)

自分自身がこれはよいと実感しましたので、
今回、新メニューに入れた次第です。

あなたも、時間の旅をしにいらしてください。


より軽やかなご自分として、今の人生を充実させていきましょう。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

静かな樹の今までとこれから 2

カウンセリングに医学的知識は必須ではありません。

それでも私が選ばれるのは、

医師としての科学的見識を通してカウンセリングを行うと

期待されているからではないかと思います。

社会的信用というものもあるでしょう。

医師免許を持っていながら怪しいことはできまい、という。

 

実は今回、静かな樹のメニュー改定にあたり、

スカイプカウンセリングのモニターをしてくださったAさんが、

私のカウンセリングを「霊視と同じ」と評した感想を述べられました。

そして、

「そういうものを受けたかったわけではない」とお書きになりました。

これには少なからずショックを受けました。

が、どうしてそう思わせてしまったのだろうと検証して気づきました。

私の新しい手法に関する説明が不十分だったと。

Aさんにはお詫びいたしました。

期待していたものと違っていては、落胆も大きかったことでしょう。

 

私の手法でよいと思った方が受けてくださる、

そういう形にしなければいけないのです。

そのことをAさんに教えていただきました。

 

さて、以前書いたと思いますが、

科学は、在ると証明することはできます。

今までなかったものを作り出すこともできます。

しかし、すでに存在するものがなぜ存在するのかを

説明することはできません。

また、全くの無から有を作ることもできないのです。

 

科学って、かっこいいですよね。

すっきりしている。

逆を言えば、すっきりしないものを排除しているのです。

肉体の目に見えないものなどというのは、

見えないゆえにすっきりしません。

それを科学的ではないと呼ぶ。

そして、科学が認めないものイコール怪しいという考えを

持つ人が出てくる。

 

科学が証明していなくても、

現実によい結果を出し、

なんの弊害もないのであれば、

それを取り入れることにやぶさかではない、

というのが私の立ち位置です。

 

それでよく医者やってるなあとお思いでしょうか。

医者の仕事をするときは、医者の範囲で行いますから。

 

現在、病院勤務はしておりません。

企業や学校の健診の仕事をすることがときどきあります。

そういう場で、たとえば、

受診者の方が体に症状を出していて、

それが明らかにその方の心が原因であると私には思えても、

「◯◯科で診てもらった方がいいですよ」

とは申しますが、決して、

「ヒーリングを受けた方がいいですよ」

とは申しません。

 

あるいは、ストレスでうつ病発症寸前と思われる人に、

「精神科か心療内科にいらした方がいいですよ」

とは言っても、

「病院に行くよりも、カウンセリングを受けた方がいいですよ」

とは言わないのです。

 

医者の仕事は医者の範囲できっかりこなします。

 

お陰様で、数年来行っております某大手企業では、

看護師さんはじめスタッフの方々が皆さん、

「辞めないでほしい」と言ってくださいました。

( これは自慢のために書くのではなく、

医師として信頼を得ている人間であると

安心していただくために書いております。)

 

そうやって医者の範囲の仕事をしながら、

カウンセラーとしては、サイキックな面も使う。

 

その、理性的なところこそを、

“ 医師免許を持ったサイキック・カウンセラー ”

として評価していただき、

私のカウンセリングや他のメニューを選んでいただければと思うのです。

 

繰り返します。

私は医師免許を持っています。

それは、科学的な目でカウンセリングを行うということではなく、

医師としての仕事はしっかり医師として行うことができる、

そういう理性を備えた者であるという安心感を持ってもらうため、

と捉えていただければと思うのであります。

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝7時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

 

月別アーカイブ