そもそもが劣等感から

劣等感がまったくない人というのは、
この世にほとんど存在しないと思います。

お釈迦様、キリスト様ぐらいでしょう、
劣等感ゼロなのは。

とはいえ、おそらく彼らだって、
最初から劣等感ゼロだったわけではないでしょう。

お釈迦様は、裕福な家に生まれて苦労を知らないことが
劣等感だった可能性があります。
キリスト様は、
「罪」にまみれた肉体人間であることが、
劣等感だったのではないかと考えます。

そういう劣等感を感じなくてもよいところまで、
彼らは意識を高めたのです。

また、そういうことは劣等感として持ち続けるに値しないと
わかったのです。



劣等感をまったく持たない人はほぼ存在しない。
その中でも、劣等感の強い人とそうでもない人がいる。

このことには、みなさん、うなずいてくださいますね。

何に劣等感を持つかは、まことに千差万別です。

A さんと B さんが同じような境遇に生まれ、
同じような容姿や能力を持っていたとして、
A さんは強烈な劣等感を持ち、
B さんはそうでもないということは、あり得ることです。

どちらが楽に生きられるでしょうか。

B さんですね。



劣等感が小さければ小さいほど、
のびのびと自分らしく生きていくことができます。

それなのに、劣等感を持ち続け、
格闘したり、
隠そうとしたり、
克服しようとしたり、
ナニクソのバネにしたり。

大変な思いをするわけです。

劣等感はその人の人生を左右する。
そういっても過言ではないと思います。



劣等感は、格闘するものでも隠すものでも、
克服するものでもバネにするものでもありません。

お釈迦様、キリスト様のように、
それは感じる必要がないとわかればいいのです。

お釈迦様の出自は、どんなことをしても変えられません。
過去のことですから。
キリスト様が肉体人間に生まれたことも変えられません。
生まれちゃったんですから。

それでも彼らは、そういったことを
劣等感として感じなくなったのです。
その結果、偉大な存在として、
多くの人々を導くまでになったのです。

げに、劣等感の有る無しは、
人間の人生を左右するのであります。



今、私は、何の専門家になろうか、
あれこれ考えているところです。

そして、劣等感を扱おうかと思い始めました。

夢の実現を妨げるのも、
人間関係を悪化させるのも、
能力が発揮できないのも、
劣等感が足を引っぱっているから。

そういう面が大きいと感じています。


私の場合、ですか?

そりゃあ、劣等感に感じようと思えば感じられるところ、
いくつもありますよ。
20代前半まで、劣等感の嵐でした。

今、当時劣等感としていやだと思っていた点が
消滅しているのでしょうか。

そんなことはありません。

それでも、その嵐からは抜け出しています。

お釈迦様、キリスト様まではいかなくても、
のびのびと生きています。

ずいぶんと、楽です。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

続・ヒーリングはなぜ可能か

前回、「ものごとの本質は、物質にはない。」と書きました。
命 → 心 → 物質 の順序で作られていると書きました。

このことは、人生において知っておくべき
最も大切なことのひとつといえるでしょう。

知っているか知らないかで、人生は大きく変わります。



病気や不幸は、命の中にはありません。
命は善そのもの、愛そのもの、幸そのものなので、
そこには病気も不幸もないのです。

ではなぜ、物質である肉体に病気や不幸が現れるのか。
それは、心がそれを作り出してしまっているからです。

心は目に見えません。
また、心として感じている部分は、実は心の表面10%に過ぎません。

そしてさらに、人間の五感は物質だけを感じるようにできているので、
病気や不幸の原因が物質にあると勘違いしてしまうのです。



物質に原因があると信じているので、
その物質をなんとかしようとする。

その努力がうまくいくこともあります。
この世には物質の法則がありますし、
また、心の表面10%にも、10%なりの力はあるからです。

しかし、それだけで
この世から病気や不幸をなくすことができたでしょうか。

否。

ヒーリングと呼ぶものにもさまざまあります。
あなたがもしヒーリングに関心をお持ちなら、
ある特定のヒーリングが、

a. 物質に働きかけることを目的としているか
b. 心に働きかけることを目的としているか

をよく見極めてください。

a だけだったら、そのヒーリングには限界があります。
物質を使った治療に限界があるのと同様に。

b だけ、または a と b を適宜組み合わせているものなら、
そのヒーリングはさらに知ってみる価値はあります。

ただし、そのヒーリング方法を世に送り出した人、
あるいはそれを実際に扱う人が、

・ものごとの本質は、物質にはない。

・命 → 心 → 物質 の順序で作られている。

ということを知っていないと、
たとえ b の姿勢でヒーリングをおこなっていても、
やはり限界が生じます。


私は西洋医学を否定する気はさらさらありません。
西洋医学にも得意なことはあります。

しかし、物質をもって物質を制しようとするのが西洋医学ですから、
限界があるのです。
( それをあらかじめ承知した上で、私は医学部にはいりました。)

東洋医学はどうでしょうか。
こちらにも、得意な点は多くあります。

でもやはり限界があります。

人間の体に世界があり、宇宙があるととらえる東洋医学は、
物質であるととらえる西洋医学よりは広い視点を持つけれども、
治療に使うのは物質なのです。
漢方薬、ハリ、もぐさ、など。

ものごとや人間の本質は命にあるということを
しっかり踏まえた上で、
西洋医学も東洋医学も使うならば、
それぞれのよさが存分に発揮できるはずなのです。



なんにおいても、偏るのはよくないことです。
たとえ、あるヒーリングに効果があるからとて、
医学的な治療をやめなさいという人がいたら、要注意です。

最も大切なことは、
どれを用いるかではなく、
本質がどこにあるかを知っているかいないかだからです。




☆ 夏の間お休みしておりました、セミナー茶会をいたします。

テーマ: ゆるゆると、夢、実現。
と き:  9月27日 ( 土 ) 13:00~15:00
ところ:  メンタルコンサルテーション静かな樹
参加費: 3,000円 ( 当日現金でお願いいたします。)

詳しくは、9月8日の記事をご覧ください。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

ヒーリングはなぜ可能か

私なりに書きます。つらつらと。


体のどこかが病気になると、
たいていの人はそれを物理的な方法で治療しようとします。

体という物質に対し、
薬、メス、放射線等の物質による作用を及ぼそうとするわけです。

物質に対して物質を。

わかりやすい。

そして、そこには、体が物質であるという大前提があります。

体は物質だけれども、
生きている間はそれだけではありません。
そこに命があるのです。

正確にいえば、物質に命が加わっているのではなく、
命が物質を作り上げているのです。

だから、五感に感じられる物質だけに作用を及ぼしても、
効果があるように見えるときもあれば、
そうでないときもあるのです。


五感がすべてだと勘違いしてしまった人間は
( これがアダムとイヴの原罪の意味ですが。)、
五感で感じられるものに対して五感で対抗しようとしているわけです。



ところが、本質は物質にはなく、

命 → 心 → 物質

という順序で作り上げられているので、
心が作った病気を治すには、心に対して作用を及ぼさなければ
完全には治らないのです。

いったん治ったのに再発するとか、
こっちの病気は治った ( ように見える。)のに、
別の部位が病気になった、というようなこと。
それは物質にだけ作用を及ぼそうとするからなのです。

つづく。




☆ 夏の間お休みしておりました、セミナー茶会をいたします。

テーマ: ゆるゆると、夢、実現。
と き:  9月27日 ( 土 ) 13:00~15:00
ところ:  メンタルコンサルテーション静かな樹
参加費: 3,000円 ( 当日現金でお願いいたします。)

詳しくは、9月8日の記事をご覧ください。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

静かな樹 女性のためのセミナー茶会(第7回)のご案内

夏の間お休みしておりました、セミナー茶会をいたします。

テーマ: ゆるゆると、夢、実現。
と き:  9月27日 ( 土 ) 13:00~15:00
ところ:  メンタルコンサルテーション静かな樹
参加費: 3,000円 ( 当日現金でお願いいたします。)

おいしい焼き菓子と紅茶がつきます。

#####  #####  #####  #####

夢を叶える。

そのための方法や法則は、
ちまたでたくさん紹介されています。

意識を変えることが先だという人。
とにかく行動だという人。

卵が先か鶏が先か、な気がするのですが。


方法はたくさんあっていいと思います。
ただ、その前に、大事なことをいくつかおさえておいてほしいのです。
そのお話をいたします。

ご自分の夢と、ご自身の心の波動を合わせる、
というサイキックなこともいたします。
( 私から働きかけます。)

どうぞ、夢をひとつ持ってご参加ください。
( 当日、その夢の内容を
みなさんの前で発表する必要はございません。
ひそかに抱いてらしてください。)

なんだか一歩踏み出せそう、
と感じてお帰りいただければと思っております。


参加ご希望の方は、

・お名前

・ご住所

・当日連絡可能な電話番号

・メールアドレス

をお書きになり、

contact@shizukanaki.com

宛てにメールをお願いいたします。
その際、こちらからの返信が届くよう、設定をご確認ください。


お申し込みをお待ちしております。

配偶者への尊敬と信頼

結婚を決めるとき、
あるいは結婚生活を継続すべきか決断するとき、
相手に対して本当に愛情があるかどうかは
たいていの人が考えることだと思います。

まれに、愛情よりもお金、地位、名誉を取る人もいますけど。



本当に愛しているかどうか。
あるいは、愛し続けていけるかどうか。
それを考えるのは大事なこと。

ただ、それだけではなく、
よくよく考えてほしいことがあります。
夫になる人にも、妻になる人にも。

相手に対する深い尊敬と信頼の気持ちがあるかどうか。



一生守ってあげたい、という思いで結婚する。

けっこうです。
けっこうですけれども、それだけでは、
相手の中に自分より秀でた点を見つけたとき、
それを押さえつけようとする気持ちが芽生えるかもしれません。
自分が守るべき相手でいさせるために。



尊敬しています、といっても、
その尊敬が単に、相手の職業や学歴に対するものだったら?

事故などでその人の体が動かなくなり、
学歴なんてまったく役に立たなくなったとき、
それでもその人のそばにいたいと思えるでしょうか。



尊敬は、相手の人間性に対して向けられるべきものです。
信頼もそうです。
信頼するということは、
相手の人間性を信じるということです。

そういう尊敬と信頼があると
互いにはっきりいえるならば、
その結婚は幸せです。

そのほかのものは、ふたりで心を合わせればついてきます。

ふたりの心が、明るい方向を向くということで一致していれば、
おのずと巡ってくるものなのです。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

月別アーカイブ