エネルギー・ワークの講座

カウンセリングとヒプノセラピーの仕事をするようになって、
11年が過ぎました。

怪しくならないよう、
潜在意識でギリギリ説明がつくところまでとして
線を引いていました。

それでは説明のつかないことが数多くあること、
神が存在し、その延長線上に人間が存在するということは、
しっかり理解し、身についていましたが。




ここ2年ほど、
サイキックな世界に足を踏み入れています。



2年前の私は、

体内リーディングも、

内在エネルギーを高めることも、

過去世を感じることも、

できませんでした。

( ヒプノセラピーの過去世退行では、
私は誘導する立場であり、
過去世を感じるのは退行しているご本人。
よって、別ものなのです。)




今は、

リーディング、

波動を観る、

エネルギーを調整して高める、

問題の根っこをたどり、
その根っこ数本をいっぺんに抜く、

過去世を感じる、

現在の状態の延長線上としての近未来を感じる、

といったことができます。



あ、動物や植物とも話せるようになりましたね。

石も友だち。

ダウジングも便利に使っています。
( ダウジングでエネルギー調整もできます。)




近々、東京近郊で、とあるイベントが開催されます。
癒しに興味のある方々の間では有名なイベントです。

数年前に参加したことがあり、
DMが送信されてくるのですが、
今回のイベントの目玉はコレコレと列挙してあるのを見て、
その全部ができる自分であることに驚きました。

○○さんの、直感ヒーリング。

△△さんの、エネルギー・ワーク。



2年前までは、
そういったことができる人を見て、
へぇぇ、すごいなあと思っていました。

けれども、自分ができるようになってみてわかります。
これらは決して特殊な能力ではないと。

みんな持っているのだけれど、隠れている。

それだけだと。




エネルギー・ワークの講座を開くことを考えています。

私が習得した、いえ、開発した、
いえ、自分の中に眠っていたものを起こした、
その能力をみなさんにも使っていただきたく。

エネルギー伝授ではありません。
あくまでも、みなさんの中にあるものを呼び覚ますだけ。



おもしろそう! と思った方、
楽しみにお待ちください。

この秋からを予定しています。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

愚痴のいい方

ある講座で、愚痴のいい方を習ってきました。


常に愚痴ばかりいっている人は論外ですが、
一切いわないというのも、実はよくない。

イヤなことがひとつもない人生などないのであって、
そこで不平不満をいわずに我慢していると、
溜まりに溜まって別の形で出てしまいます。

さまざまな病気として。



溜め込まず、建設的に愚痴りましょう。


きのう習った方法、詳しくは書けませんが、
大切な点は次のようなものです。

・息を吐きながら愚痴をいう。・・・出し切ってしまうということ。

・左脳で愚痴る。・・・感情的にならない。

・終わったら、シャッキリと背骨を立てる。


感情的にならずに愚痴をいうなんて
それ、愚痴と呼べるのでしょうか?

普通はちがいますね。

でも、建設的な愚痴のいい方では、
淡々と事実だけを述べます。



背骨を立てるということ、
実はとても重要なことです。

背骨グニャグニャな人が増えているように思うのですが、
いかがでしょうか。

畳の生活だった頃には日常的にしていた、正座。
それが、
食卓5点セット、テレビの前にソファという生活が普通になってから、
背筋を伸ばす機会が極端に減った、
と私は考えています。

朝起きてすぐに椅子に座る。グニャッと。

ごはん食べるときは足を組み、
テーブルに肘をつく。グニャッ。

駅で電車を待つ間、
なんだかの画面を見ているから、
猫背で下を向き、腰は落ちている。グニャグニャ。

電車に乗って座席へ。
浅く座るから、背骨は曲がっている状態。グニャーッ。


かくいう私も正座は苦手ですが、
( 茶道を習っていた小学生の頃の方が長時間正座できた。)
椅子に座って作業するときや、
駅で電車を待っているときなど、
背骨を意識しています。

一本筋の通った生き方をしたいからです。



話が少しそれましたが、
キリッとした姿勢で愚痴をいう人はいないと思います。
そりゃそうでしょう。
そして、それでいいのです。


愚痴は、ダラダラいわない。さっさという。
そして、終わったら、背筋を伸ばしてください。



建設的な愚痴のいい方。
それは、
自分の心を穏やかに保つことにつながります。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

人間は秩序ある生命体

秩序は美しい。

それは必ずしも、
全員がまったく同じ動きをする行進のようなものとは限らない。

公園で、幼児が笑顔をはじけさせながら走りまわり、
親がやさしく見守る。

そんな光景も、秩序だ。

人間が、本来あるべき姿であるということか。




人間の肉体はからっぽ。そのため、カラダという。
実 ( じつ ) が詰まっているように見えて、虚だ。
本質はそこにはない、という意味。

虚であるカラダは、実の表現体だ。
実は秩序ある命であり、カラダはそれを現している。

いきいきと。
そして、個性を持って。
それが個人のカラダなのだ。



もし、病気になっているならば、
それは単に秩序を現していないだけ。
現す過程にちょっとズレが生じただけ。

秩序を戻せばいい。

そう知って病気と向き合えば、
病気、恐るるに足らず。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

外と中と奥

人間には、外と中と奥がある。

そのどれが主でどれが従か。

主なのは奥だ。
他のふたつは従だ。

そのことを認識し、
まず奥を整え、
さらに外も中も大切にしなければ。



なんのことやら?



外は、肉体の外側。
人様の目に触れるところ。

中は、肉体の内側。
骨、筋肉、内臓、血液、その他。

奥は心。
心もさらに細かく分類できるけれども、
それはさておき。



これらすべてがつながっているのは
おわかりでしょう。

ただ。

主体は心。あくまでも。

この点、肝に銘じられよ。



真に美しくありたい、健康でいたい、幸せでいたい。
そう願うならば。



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

「静かな樹」は、カウンセリングとヒプノセラピーのサロンです。

どのような考え方に基いてカウンセリングを行っているのかを

書いていきたいと思います。

 

毎週月曜日 朝8時、更新予定です。乞うご期待。

平成24年9月30日 (中秋の名月)

月別アーカイブ